Blog

まよ日が記かく

12月18日 山形ふるさとCM大賞によせて

山形ふるさとCM大賞2018が昨日発表されました。

朝日中学校のボランティアサークルきらりのメンバーで制作した今年の朝日町CMは「空気神社」がテーマ。
アイデアや撮影は中学生たちのものですが、その後ろを支えてくれる大人たちの頑張りが光る作品でした。
役場ブランド係の白田淳くんが、月一で生徒たちが話すばを作ってくれたおかがで、中学生オリジナルのシナリオができ。音楽は教育文化課の 岡崎浩幸くんがCMにあわせて作曲してくれました。
なんだかんだで忙しい中学生。ロケ日程や送迎の手配など、タレントマネージャー並みの仕事をこなしてくれた、教育の蹄さんにも感謝です。

シナリオを考えたり、カメラを動かしたりする楽しさと共に、こうした大人との交流も、中学生の良い思い出になってくれればと願っています。
朝日町ふるさとCM2018作品はこちらでご覧いただけます。

後日、保護者の方から、こんな嬉しいメッセージをいただきました

中学生たちの頑張りを大人が支えること。中学生たちの作品を、褒めて自信をつけさせること。これらはもちろん大切ですが、本当に地域の大人として彼らに伝えたいのは、この街で活動するってのはそんなに悪くないって言うことなんです。

中学生のみんな、働くって楽しいよ。思いのままに羽ばたいて、そしていつでも帰っておいで。

 

PAGE TOP