Blog

まよ日が記かく

関係人口のその先は、本当に定住人口なのか

地域おこし協力隊の新しい導入のしかたとして、活動する自治体へ住民票を移さなくても、通いで地域活動ができる方法が登場した。

https://www.google.com/amp/s/news.goo.ne.jp/amp/article/kobe/nation/kobe-20190215003.html gooニュースサイトより

この場合、県の地域おこし協力隊となって、任地に通って地域おこしの仕事をする形となる。その背景としては、3年後の定住を目指すために、いきなり地域に居を移すのではなく、徐々に関係を作っていきながら、定住へのステップを踏むんで欲しいという意図が見える。

このような、交流人口(観光人口)以上の関わりを持ちながらも、定住人口には当てはまらない存在は「関係人口」と呼ばれている。

今回の要件を緩和した協力隊導入も、この関係人口として地域の関わることによって、ゆくゆくは定住人口へのステップアップを念頭に入れた、地域おこし協力隊制度の新しい活用の仕方だ。

住所を移さないメリットとしては、着任直後から、仕事もプライベートも全て地域との密接な関わりの中で行わなくてよい点にある。プライベートの時間が格段に確保しやすくなるのだ。定住することで払う必要となる経費も抑えられるし、定住者に課せられる集落内での役割(委員や人足)を担う責務もややのしかかりにくくなるだろう。地域と隊員の距離が従来の協力隊よりも離れているので、これによってお互いに心地よい距離感がつくりやすいかもしれないと感じる。もっと関係を深めたければ、隊員からでも住民からでもいので、オプション的に自主的に会って何かをする時間を増やせばいいからだ。自ら歩み寄る余裕がある距離感が、制度の中で保障されたのは大きな価値があると感じた。

ただ、今回の制度の在り方には賛成だが、僕にはちょっとだけ気になっていることがある。

関係人口の先は定住か?

そもそも関係人口といわれる人たちは、定住人口の予備軍としての存在なのだろうかということである。定住人口未満の存在であることは間違いないのだが、けしてこの先、定住人口に成りたい人達なのかと言えば、僕は違うのではないかと感じている。どちらかというと、どんな地域とも深い関係を持ちながらいくつもの理想の地元を持ち、気分や仕事の状況やライフステージに合わせて好きな地域に居を移しても幸せに生きていける「どこでも幸せに住める人」になることが、関係人口の人たちの目標の人物モデルかなと僕は考えているのだ。

日本や世界を飛び回りながらそこで出会った住民達と深く交流しながらながらも、自分のアイデンティティと幸福を見失わないような心の醸成を続けている人が、僕なりに「関係人口のモデル」って考えている人たちだ。

定住のように見えるけど、次を決めず住んでるだけ

そんな関係人口のモデルたちが、人生の過程として一時的に長く住んでいる(期間を決めずにその土地に止まっている)姿を、あたかも一般的な定住人口のように捉えてしまっていることが、関係人口→定住人口へつながる人たちってイメージの勘違いを起こす原因になっているのではないだろうか。

しかし、この関係人口のモデル達は新しい世界に呼ばれれば、覚悟と冒険心をもって次の場所の行ってしまう可能性は十分にありうる。社会の常識に縛られることなく自身の価値観で移住先を選んで進める人たちは、自分の心の赴くままに次の道を選ぶ自由な欲求を持っているからだ。

まだ定義がはっきりしていない言葉だから「定住につながらない人は関係人口ではない」って言ってしまうこともできるが、僕は、関係人口とは地域に住んでないけど深い繋がりを持ってくれている人のことだと捉えているので、そんな、関係人口として安定している人である(その先に定住はとくにまだ考えてない)認識の方が、そう呼ばれている当事者達の需要にフィットしているのではないかと考えている。

定住を望む地域側として、見極めること

とはいえ、人口減少が課題だと思っている地域側としては、定住人口の増加を望む気持ちがある。だからこそ、念頭に置いておいてほしいのは、関係人口=全員が定住を希望していないということだ。この2つは決して直系の関係ではないからだ。可能なら、関係人口というカテゴライズと、定住希望人口というカテゴライズは分けて考えた方がいい(両者の一部はかぶると思われる)。その上で例えば、どちらのカテゴリーの人を地域おこし協力隊として受け入れるかは、自治体ごとの戦略にかかっている。

柔らかな言葉の表現である関係人口は、地域との関係を深めたい人と、定住者を増やしたい人と、両者に都合よく解釈されてしまい、ミスマッチを起こす可能性がある。大切なのは言葉が意味する存在を具体的に思い描き、双方ですり合わせていくことだ。

地方と深い関係を作りたいと望む関係人口は地域振興における大きな味方になってくれることは間違いないと言える。しかし、その恩恵は必ずしも「定住」を望むことで得られるものではないということを念頭におきながら、関係人口と関係地域で独自の深い関係を創造していってほしい。

「都合のよい関係人口に気をつけて」1年前にトークイベントで話した関係人口に関する僕の想いです。この記事と合わせて読んで頂けたら幸いです。妻が良いセリフ言います。

PAGE TOP